ノロウイルス

ノロウイルス

ラクトフェリンが注目され出したのも、森永乳業がラクトフェリンはノロウイルス対策になるというデータを公開してからです。森永乳業ではヨーグルトや牛乳にラクトフェリンを入れた商品を販売しており、子どもの感染予防として利用する人が増えています。

 

■ 1日100mgでOK
森永乳業によると、ラクトフェリンは1日100mgで効果があるとしています。この量のラクトフェリンが含まれているヨーグルトを毎日食べると、ノロウイルスと診断される人数が減ることがわかっています。週に1回程度だとあまり効果は高くなく、ラクトフェリンは毎日摂取する必要があるといえます。

 

■ 消化器官の壁に結合
ラクトフェリンがノロウイルス対策として使えるのは、ラクトフェリンが腸に届き、消化器官の壁と結合するからです。これによりウイルスの進入を拒み、感染症にかかりにくくしていると考えられています。感染症予防には腸に長期間留まる必要があるため、毎日こまめに摂取しなければなりません。

 

■ ラクトフェリシン
森永乳業が効果的だとしているのは、ラクトフェリンが胃で分解されラクトフェリシンに変わったときだとしています。この物質に変わることで抗菌性が高まり、細菌やウイルスの増殖を食い止めるといわれています。